わんまいると香川県の安岐水産がコラボ!四国の食材を使った南蛮漬けをおかずセットに採用

わんまいると安岐水産がコラボ

食事宅配のわんまいるでは、コロナ禍により困っている地域を食材活用で応援するため、香川県さぬき市の安岐水産とコラボ!

四国の食材を使った南蛮漬けを健幸ディナーのメニューに取り入れ、6月27日より発売されています。

わんまいると香川県の安岐水産がコラボ

コロナ禍により観光地の集客は激減し、収入が落ち込んだり、解雇を余儀なくされるところも出てきています。

そこで、わんまいるでは、地元食材を健幸ディナーの原材料として活用。
コロナで大変な中、少しでも地元のお役に立てればと、日々、地元食材を通して応援しています。

今回は、香川県さぬき市の安岐水産とコラボし、瀬戸内で獲れた太刀魚と徳島の鳴門わかめといった四国の食材を使用した南蛮漬けを製造してもらい、健幸ディナーのメニューに取り入れたそうです。

株式会社安岐水産は、香川県さぬき市にて乾燥えびやちりめんじゃこ等の水産物の加工会社として、昭和40年に創業。
現在では、あおりいかや、さぬき蛸等の魚介類の惣菜加工まで手掛けています。

今からが旬の太刀魚をメインに、食感を考えて滑らかな歯ごたえのある鳴門わかめを採用し、玉ねぎや人参を入れて彩りも意識した南蛮漬けができあがりました。

通常の南蛮漬けより酸味を抑え、おかずの主菜になる一品に仕上げられています。

わんまいるの冷凍おかずセット「健幸ディナー」について

わんまいるは、全国配達OKの食事宅配サービス。

初回限定でおトクなお試しセットあり。また、定期購入も頻度が選べるので、生活スタイルに合わせて無理なく注文できます。

健幸ディナーとは?

国産食材100%使用。合成着色料・保存料は不使用。一品一品を個食パックで湯せんや流水といった簡単調理が魅力。味のベースとなる出汁は天然出汁が使われています。

料理研究家の近藤一樹氏が調理指導、そして専属の管理栄養士により1食(主菜1品、副菜2品)当たり400Kcal、塩分3.5g以下で栄養バランスを考え、和・洋・中とバラエティに富んだメニュー構成となっています。

「わんまいる」について

わんまいるでは、“日本の食材を食べること”を推奨し、旬菜旬消・自給率の向上を経営理念としています。

主に出産や育児、親の介護、共働きなど、買い物や調理時間の確保でお困りの方に対して、湯せんや流水解凍、レンジで解凍するだけの簡単な調理方法を用いた商品の提供が行われています。

美味しい料理を手軽に、健康的に提供するため、創業以来全国を巡り見つけた各地の旬の食材を厳選し栄養価の高い料理の開発に取り組む。それがわんまいるの特長です。

わんまいる わんまいる

わんまいる公式サイトはこちら