わんまいるが沖縄やんばる豚を「5分でできるおかずセット」に採用!

わんまいるがゴーヤチャンプルーに沖縄やんばる豚を採用

食事宅配のわんまいるでは、コロナ禍により困っている地域を食材活用で応援するため、沖縄やんばる豚を採用!

わんまいる「5分でできるおかずセット」のゴーヤチャンプルーに取り入れ、6月27日より発売されています。

わんまいるが沖縄やんばる豚を採用!

コロナ禍により観光地の集客は激減し、収入が落ち込んだり、解雇を余儀なくされるところも出てきています。

そこで、わんまいるでは、地元食材を健幸ディナーの原材料として活用。
コロナで大変な中、少しでも地元のお役に立てればと、日々、地元食材を通して応援しています。

今回は、沖縄やんばる豚を主力商品健幸ディナーの炒め物メニューに取り入れ中。
まずは、6月27日発売の「5分でできるおかずセット」のゴーヤチャンプルーから取り扱いスタートします。

沖縄やんばる豚とは?

沖縄やんばる豚は、アグーと白豚を交配して作った肉豚です。

沖縄北部の呼称で「やんばる」(「山原」が由来といわれる)の名を付けた品種。
脂身に特徴があり、非常に良質の脂で食べたときに甘みがありしつこくないのが特徴です。

飼料は、よもぎ、海藻、にんにく等を加えた独自のものを与え、飲用水にもこだわり、ミネラルたっぷりの裏山の天然水を与えている。

また、豚肉特有のにおいもほとんどなく、とにかくひとくち食べただけでも味があり、違いの分かる豚肉です。

わんまいるの冷凍おかずセット「健幸ディナー」について

わんまいるは、全国配達OKの食事宅配サービス。

初回限定でおトクなお試しセットあり。また、定期購入も頻度が選べるので、生活スタイルに合わせて無理なく注文できます。

健幸ディナーとは?

国産食材100%使用。合成着色料・保存料は不使用。一品一品を個食パックで湯せんや流水といった簡単調理が魅力。味のベースとなる出汁は天然出汁が使われています。

料理研究家の近藤一樹氏が調理指導、そして専属の管理栄養士により1食(主菜1品、副菜2品)当たり400Kcal、塩分3.5g以下で栄養バランスを考え、和・洋・中とバラエティにとんだメニュー構成となっています。

「わんまいる」について

わんまいるでは、“日本の食材を食べること”を推奨し、旬菜旬消・自給率の向上を経営理念としています。

主に出産や育児、親の介護、共働きなど、買い物や調理時間の確保でお困りの方に対して、湯せんや流水解凍、レンジで解凍するだけの簡単な調理方法を用いた商品の提供が行われています。

美味しい料理を手軽に、健康的に提供するため、創業以来全国を巡り見つけた各地の旬の食材を厳選し栄養価の高い料理の開発に取り組む。それがわんまいるの特長です。

わんまいる公式サイトはこちら

口コミを書く